ドラマ開始21時に合わせて、早めに夕食を作る。

公文へ行った我が子たちが帰ってこない。

小1娘の問題が難しくて遅くなったらしい。

「どんな問題?」と聞くと問題のストーリーを話し出す。

どんな問題が分からなかったのかと質問したつもりが、王様と家来とオンドリが出てきて・・・長い。

やっと夕食。

小1娘に「今日も楽しかった?」と聞いたら長い長い話が始まる。

「友達とケンカした。だってさ・・・」。

21時ピッタリにはテレビ前に座れなかった。


「僕らは奇跡でできている」4話 視聴率は?


4話の視聴率は7.0%

前回3話は6.2%だったから視聴率アップしてる。

やっぱり。よしよし。

他の番組のことを言うのは失礼ですが、月9はダウンしてる。

ゴックン・・・。言いたいことは飲み込んだ。

「僕らは奇跡でできている」4話 あらすじ・ネタバレ

晴天の通勤


チャリに乗り、止まって晴天の空を眺める。

チャリで走り出す。

止まる。

「イタチ?」大声で叫ぶ。

一生さんには木の方にイタチがいるのが見える。

一生さんのおつかい

山田さんにおでんに入れるコンニャクを買ってくるように頼まれる。

スーパーに行くと沢山の種類のコンニャクがある。

帰宅し、山田さんにコンニャクを渡す。合計2,013円。

こだわり、疑問に思って色々な種類のコンニャクを買って来る。

群馬へ

タクシーに乗っている。

「イノシシ」と叫びタクシーから降りる。

イノシシを追いかけ、畑を通り追いかけるが、畑にあった芋が気になり手に取ると遠くから「ドロボー!」と叫び声が。

大学では

大吾の携帯に群馬の親から電話が掛かってくる。

一生さんが大吾の実家にいるらしい。

面白そうだからと言って、いつもの学生4人、群馬へ電車でGO!

コンニャク芋

大吾の実家はコンニャクを作っている。

大吾のお父さんが色々教えてくれる。

一生さんはカメラ片手に色々質問。

奈良時代からあるコンニャクに、すごさを感じ、テンションアップ。

加工する過程も見学。

芋を練っている工程をマジマジ見る。

お父さんに下がって下さいと2回注意される。

2回は小学生レベル。

そこへ、学生、ご来コンニャク。

田舎の母

学生と一生さんは大吾のお家にお泊まりすることに。

夕食は、すき焼き。自家製白滝入り。

母は笑う。面白いことはないのに。

鍋の中、白滝を肉の横に置いても上に置いても、問題なし!と言って母は笑う。

隣に座っている子の二の腕にガツーンと自分の二の腕を当てては笑う。

大吾のお父さんからコンニャクの色々を習い、教わったことをまとめて、熱く語り出す一生さん。

偉大な食べ物コンニャク。

まずは白滝から食べる。

それを見て母は笑う。

メインは白滝。学生も肉には手を出せず、白滝から食べる。

肉を食べたい。

本日の謎を解き明かせコーナー

作るのが面倒で絶滅してもおかしくないのに、1000年以上も存在しているのか。

謎です。

本日の謎、いただきました!

カメのジョージ

群馬に泊まるので、山田さんにカメのジョージの様子を見るように電話でお願いする。

山田さんは通話しながら一生さんの部屋に入る。

先週、山田さんのインパクトがイマイチだったせいかな、山田さんの顔芸が気になる。オーバー顔リアクション。我が子たちは大喜び。

公式H.P.のチェーンストーリーで、カメのジョージが登場する。

ベルナール・アッカという黒人をご存じでしょうか?



この人がジョージです。

女子部屋

白いシーツを敷きながら女子チームは寝床の準備。

「これ使ってね」と言ってパジャマを持ってくる母。

「私も女子会に入れてもらおうかね、あはは」母は笑う。

この笑いだけは笑ってしまった。

男子部屋

田舎やコンニャクをダサいと思っている大吾だが、コンニャクをバカにされるとムカつく。

コンニャク愛はある。

そこへ風呂上がり一生が男子部屋へ入室し「おやすみなさい」と学生に向けて言う。

「イー」と我が子たちが言う。そうだったね。よく覚えてます。

電気を消し布団に入り「イー」と言って眠りにつく一生さん。

一生さんお帰りです

学生を置いて、先に帰ると言う一生さん。

母にお土産のコンニャクをいっぱい貰う。

母笑う。ファイナル笑いだね。バイバイ母!


まず、じいちゃんにコンニャクの土産を渡しに行く。

夕食に山田さんが作ったピリ辛コンニャクが出る。

山田さんは歯医者さんと一生さんの仲が気になり、その話をするけど、一生さんには聞こえない。

なぜコンニャクが絶滅しないのかがわからないと言う。

山田さんズッコケる。

我が子大ウケ。

榮倉奈々と彼氏

榮倉奈々の家にて、別れそうな2人の会話が始まる。

冒頭でも言ったけど、小1娘が友達とケンカした内容とほぼ同じ。

相手の気持ちを考えて、言葉を発しないとお互い傷つき合うからね。

まさかの小1女子のケンカと別れ話が同じだったとはビックリ。

山田さんが新庄さんちのコンニャクで作ったピリ辛コンニャク

この会を見て「ピリ辛こんにゃく」を作る人急増!!


大学の研究室。

要潤にタッパーに入れたピリ辛コンニャクをお土産に渡す。

群馬に行った日、授業をドタキャンしていた一生さん。

「紙切れ1枚でも届けは重要なんだからね」と偉そうに言う要潤に、目を三角にさせて「樫野木先生はどうして離婚したんですか」と問う一生さん。

目が点になる要潤。

このドラマ、顔芸が多くない?

「グッドジョブ」と児嶋がアリに言うと児嶋にもピリ辛コンニャクのタッパーがやってくる。

「サンキュー」とアリに言う児嶋。

「どういたしまして」児嶋の声が聞こえていたので返事をした一生。

「WHY?」と児嶋。アリに言ったはずなのに。

歯科クリニックの昼休憩

「遅くなってすいませんでした」ドリンドルが遅れて出勤。

「大丈夫ですか?体調でも悪かった?」と気遣う榮倉奈々。

「家を出ようとしたら彼氏とケンカになり話し合いをして仲直りしたのでもう大丈夫です。ご心配をお掛けしました。」

とバカ回答をするドリンドル。

「仕事なめてます?」カリカリ榮倉。

こうするべきを述べ「私間違ってます?」と言うと、さらなるバカ回答が。

「えーと、私が謝った方がいいってことですか?」ドリンドルのお困り顔。

「私間違ってないですよね?」もう1人の歯科衛生士に再度確認する榮倉。

周りから本心を聞くと言うこと

以前に出た雑誌の編集会社の女性とディナーをする榮倉奈々。

その女性は榮倉奈々の彼氏に会ったようで、

「自慢してましたよ。あなたのこと。頑張り屋さんだって。彼女を応援してるって。」

だから、勝手に相手の気持ちを決めつけたりしたらダメなんだよ。

と娘に言いたいが、ドラマを見たいので、今度ね。

オリオン座流星群

出張でいなかった小林薫教授にピリ辛コンニャクのタッパーを持って行く。

「コンニャク芋の観察のために群馬にまで出かけるなんて」と小林薫教授が言うが、目的は違ったらしい。

オリオン座流星群を見るため天文台に行く予定だったけど、イノシシが見えたからタクシーを降りちゃった。

そう言えば、夜、学生と流れ星を見ていた映像があった。あれかー。

「すごく綺麗なものを天体が地球に見せてくれました。」と小林薫教授に話す一生さん。

「見せてくれた、か。」と小林薫教授が言うと、一生さんは何か思いついた顔をする。

「あ、謎が解けました。」

おまえもな!

チャリで走る。

榮倉奈々と出会う。

いつもこの場所で会うよね。

リュックからコンニャクを出して渡す。

「あの私、料理しないですし」と榮倉がコンニャクを返そうとする。

一生さん!ここはピリ辛コンニャクのタッパーを持参すべきだったのでは。

ここから長い長い、一生さんのコンニャクについての話が始まる。

途中、榮倉が話そうとしても聞いていない。

コンニャクの話が止まらない。

すると、小1娘が、「ずーっと話してる!長いよ!」冒頭を覚えているでしょうか。

長い長い、小1娘の話により私たちが21時にテレビ前に座れなかったことを。

私と小3息子は同時に言った「おまえもな!」。

コンニャクの謎を解き明かした

コンニャクの歴史は奈良時代から(これは聞いたよね)。

コンニャクはコンニャク芋からできていて(知ってるよね)3年掛けて育てる(テストに出ます)。

コンニャクにはコンニャク芋と人間の思いが詰まっている。

コンニャクを味も素っ気もないものと思って見るとそうでしかない。

でもその奥に隠れた見えないものを見れば、その素晴らしさを感じることができる。

それを見せるためにコンニャクは存在している。って長すぎて謎がなんだったか忘れちゃうよ。

「そうですよね。つくづく自分が嫌になります。」と悲しそうな榮倉奈々はコンニャクを返す。

自分の彼氏への対応とコンニャクの謎とを、くっつけちゃって考えたのかな?

ってことはコンニャクと小1娘のケンカもコンニャクで考えれば・・・解決できる?

大吾の将来

大学で大吾に会ってコンニャク話をする一生さん。

「作った方がいいのかな?先生もコンニャクすごいって言うし、親も喜ぶだろうし」と大吾。

「僕が大吾なら」と、もしもシリーズを話し出す一生さん。

「作りません。」

「What’s?」小3息子が間髪入れずに言う。

「僕らは奇跡でできている」4話 見どころ

見どころ①

ピリ辛コンニャク。

私はピリ辛キューリを作ろうと安いキューリを見つけて購入したのに。コンニャクに。

見どころ②

一生さんの動物見っけがすごい。

通勤中に「イタチ」、群馬の畑で「イノシシ」、大学で「ム、ムササビ」と言って走って行く。

見える人には見えるんだよね。


「僕らは奇跡でできている」4話 感想

先週末、お友達に会いに行ってきた。

ワイン片手にドラマ話に。

お友達の息子も小学3年生。

普通の子とは少し違う。何が違うかは分からないけど、なんか違う。

一生さんのドラマを見て考えさせられるとそのお友達は言っていた。

ボクキセ、小学生の子を持つ親にとって、必要なドラマだと思う。


「僕らは奇跡でできている」4話 まとめ

今週もサイコーだったよ。

顔芸が、笑っちゃうんだよ。